CONTENTS
会社紹介
契約農場 商品紹介
衛生管理
Q&A集
リンク集
お問い合わせ
サイトマップ
トップページへ戻る
新開畜産食品有限会社
 
衛生管理
 
新開畜産食品では衛生面にも細心の注意をはらっています。作業場での専用着衣の装着や消毒はもちろん、最新機器により作業環境、使用水にまで衛生管理にこだわっています。
 
安全な水!医療施設などでも使用されている水を使っています
 食品加工において必要不可欠な水の使用に関しましては、安全性の面からみて最も適したスーパー次亜水を使用しております。
   

スーパー次亜水とは
食品添加物・消毒薬である次亜塩素酸ナトリウム液をpH調整することで殺菌力が向上
   
 殺菌剤の量から質へ
毒性が低く安全でありあらゆるフィールドで使用可能
   
 殺菌剤の減少
広範囲な殺菌スペクトルにより薬剤の多剤化を減少
   
 薬剤コストの減少
大容量タイプのため従来方式に比べ使用法が安易
   
 ニーズの向上

スーパー次亜水

スーパー次亜水
   
第一世代 一般薬剤による殺菌
 (次亜塩素酸ソーダ・ヒビテン・クレゾール・消毒用エタノールなど)
問題点 ・薬剤の希釈ミスなど使用方法による殺菌不良発生。
  ・殺菌工程が通常手仕事となり、画一性が低い。
  ・殺菌する菌により薬剤を選ぶ必要があります。(選択ミス)
  ・殺菌剤自体が有害であり、残留性の問題や作業者自身への薬害がある。
  ・環境面で、そのまま排水が不可能な薬剤が多い。
   
第二世代 強酸性水(電気分解水)やオゾン水による殺菌
問題点 ・酸化力が極めて強い殺菌水のため、器具備品などの腐食問題が発生。
(ステンレスでも完全に酸化します)
  ・塩素ガスやオゾンガスは、猛毒であり大変危険である。そのため低濃度で使用せざるを得ず殺菌不良を起こす。
  ・生成量が少ないため貯水して使用する必要があり、システムが大型化する。(電気分解水)
  ・生成後数十分で効果が低下する。(オゾン水)
   
第三世代 スーパー次亜水による殺菌
改善点 ・酸化力を低く抑えた殺菌水で、器具備品の腐食を可能な限り低減しました。
  ・有毒ガスの発生は、まったくありません。
  ・均一な殺菌力の水が自動管理生成されます。
  ・環境面にも配慮された水です。(そのまま排水可能)
  ・あらゆる菌に短時間で効果を発揮します。
  ・皮膚など人体に対して安全な殺菌水です。
  ・大量生成が可能ですので、大型システムにも対応可能。
  ・従来不可能とされた有人下での噴霧気化による空間殺菌消臭が安全にはじめて可能になり、空間感染予防の新しい手法が誕生しました。
  ・時間による殺菌力低下が低くなりました。(30日程度可能)
 
 
ニュータッチアウト

ニュータッチアウト
害虫駆除!快適な空間で作業をしています
   衛生管理において最も気を使うのが害虫対策です。高い殺虫効果と食品を取り扱う安全性を両立させるため、専門の機械を導入して常に清潔な空間を作り作業を行っております。ニュータッチアウトは大手レストランやホテルでも使用されている信頼ある機材です。
特徴1
  最先端技術で安定した効きめが長時間持続、
オートタイマー機能で勝手に駆除してくれます。
   
特徴2
  通常4〜6時間、無人の状態で使用することにより、ゴキブリ・ハエ・ダニ・蚊・羽アリ等を駆除します。(10〜15坪をカバー)
長時間連続作動後でも、通常1分間の換気で臭いは残りません。
 
  一つ前のページに戻る このページのTOPへ